【30日目】100日旅するまめぴよ 「東京ディズニーランド-6」丸太のボート

100日曼荼羅アート 30日目-ファンタジーランド

☆まめぴよが現在迷い込んでいる場所
【『東京ディズニーランド』のガイドマップ】
本棚にしまってあった、ディズニーランドのガイドマップに迷い込んでしまいました。
ガイドマップなので、本のときのような登場人物は存在して居ないようです。

【30日目】100日旅するまめぴよ 「東京ディズニーランド-6」

イバラの森

ふたりが目を覚ますと、今度は丸太で出来たボートに乗っていました。
川の脇は、とげとげのイバラでいっぱい。

モモ「まめぴよ、さわらないように気をつけてね。」
まめぴよは、隣に居るモモを見て思いました。
(まだ、モモと一緒に旅ができるんだ…!)

丸太のボートはどんどんと、川を下っていきます。

ウサギどんの声

丸太のボートが進んでいくと、森から声が聞こえてきました。

 「さぁ、きみたち、オレと一緒に『笑いの国』を探しにかないか?」

モモ「笑いの国?これ、もしかして、あのアトラクション?」
まめぴよ「ウサギどんの声だ。」

【スプラッシュマウンテンのストーリー①】

イバラの森に住むウサギどん。
身体が小さいなど、様々な悩みを抱えていました。
どこかに『笑いの国』があることを耳にして、『笑いの国』めざして旅立ちます。

旅の途中、キツネとクマに命を狙われます。
賢いウサギどんは、様々な知恵を使い二匹をこらしめ、逃げることに成功します。

悩みを笑い飛ばす国

まめぴよ「ウサギどんは、悩みごとを笑い飛ばしたくて『笑いの国』をめざしたのかなァ…。」
モモ「そうだねぇ、悩みを笑い飛ばせる国かぁ…」

【スプラッシュマウンテンのストーリー②】

しかし、
二匹を怒らせたウサギどんは、ついには二匹に捕まってしまいます。

ウサギどんに痛い目にあわされた二匹は、
ウサギどんをこらしめてやろうと、鍋を火にかけます。

煮えたぎる鍋に入れられそうになったウサギどんは、
「お願いだから、イバラの森だけは落とさないで!」
と懇願します。


   ドドドドドドドドド・・・・

まめぴよ「あれ、なんだか、川の音が激しくなってきた気がする。」
モモ「これって、あれだよね、滝つぼに…」

ふたりがハッとして、川の先へ目をやると、
目前の川が途中でバッサリ切れていて先が見えません。

まめぴよ「落ちちゃうよ!!!!」

笑いの国

  ザプーーーーーーン

ふたりは滝つぼにまっさかさま。

【スプラッシュマウンテンのストーリー③】

ウサギどんが、いばらの森へ投げてくれと懇願した理由は
ここがウサギどんの故郷だから。

そして、ウサギどんの探し求めていた『笑いの国』は
自分の故郷だったことを知るのでした。

落ちた滝つぼがあったのは、元のイバラの森でした。

まめぴよ「ずぶぬれだね。」
モモ「でも、無事だったね。」
ふたりは大笑いしました。

モモ「大笑いしたの、久しぶり。」
まめぴよ「『笑いの国』、見つけたね!」

アライグマのお店

滝つぼからあがると、アライグマの看板がありました。

看板に沿って行くと、小さなお店を見つけました。
カウンターには、カップが2つ。

そのカップには、
コーンフレークにミックスソフトクリームがしぼられていて、
そして、その上にはチュロスがささっていました。

モモ「今日は暑いから、これ食べてるうちに体も乾くね!」
まめぴよ「これ、だいすき♪いただきます!」

食べ終わるころには、樽の上に黒色と紫色の切り絵が一枚ずつ現れました。

(切り絵はTwitter Instagramにて、今夜UP予定)

タイトルとURLをコピーしました