【13日目】100日旅するまめぴよ「西遊記-1」

100日曼荼羅アート 13日目-サクラ

【13日目】100日旅するまめぴよ

目を覚ます

まめぴよは、目を開けました。
頭がぼんやりしています。
本から出るって、ページを進むときより、眠気が強いのかな。。。
「…ここは?」
まめぴよは、大きな桜の木の下に寝転がっていました。

柔らかな風が吹き、桜の花びらがヒラリヒラリと落ちてきます。
「ネコのくれたサクラのこんぺいとう、思い出しちゃうな。」

怪しい声

「ケッケッケ、うまそうなニオイがするぞ。。。」
岩かげから、背筋のゾッとする声を聞いたまめぴよは、
飛び起きると、全速力で走り出しました。

「なんか、やばい感じする!!」

チラリとふりかえると、何かがあとを追いかけてきます。
「いやだ!なにあれ!!」
まめぴよは必死に走りつづけました。
「ここどこ?まだ本の中?「青い鳥」のお話に、あんな怪しいセリフ言うキャラクターって出てきたっけ??」

新しい景色

今まで歩いてきた「青い鳥」の世界とは、まったく景色が違います。
見慣れぬ景色と思いながらもまめぴよは、とにかく走り続けました。
もう走れない…、とうしろを振り返ると、諦めたのでしょうか、何も追ってきていません。
「あぁ、よかった。助かった。。。」
まめぴよは、へたへたと腰を下ろしました。

「おまえ、よく走るねぇ。」
頭上から声がしました。
「あいつらは片付けといたから安心しな。」
見上げると、小さな雲の上に、あたまに緊箍児(きんこじ)をつけた、立派な服装のサルが笑っていました。

「そ、孫悟空??」

新たな本

☆現在まめぴよが迷い込んでいる物語
【西遊記】
仙石が石卵から生まれた石ザルは、サルの王になる。
石ザルは、仙術を学ぶため仙人にに弟子入りし孫悟空という名を授かります。天界で大暴れし、如来の五本の指が変じた五行山に封じられます。
それから500年。如来は、下界の乱れを案じ”三蔵の真経”を立派な僧に託すことを決め、如来の命を受けた観音菩薩は取経にふさわしい人物、玄奘を見つけ出します。”三蔵の真経”を授かりに行くことから、玄奘は三蔵と名乗り、天竺をめざして西へ旅立ちました。

サル「そう、オレ様が、斉天大聖(せいてんたいせい)・孫悟空だ!おまえ、よく分かったな!」
サルは大きな声で笑いました。
まめぴよ「もちろんだよ、うちの本棚に西遊記あるもの!何度も読んだよ!」
西遊記「それなら、話が早いな。おまえ、こんなとこ一人でうろついてたら妖怪に食われちまうぞ。」
まめぴよ「ちゃんと最後のページにたどり着いて、本から出られたはずなのに…、今度は西遊記の中に居るってこと…?」
孫悟空「どこの本から来たか知らねぇが、そりゃ、”その本”から出ただけだろ?」

確かに。まめぴよは、”この本から出られる”と、言われただけでした。

「どうしよう…。」
まめぴよは、泣き出しました。
孫悟空「おいおい、泣くなよ。お前は、自分でこの世界に来たんだろ!」
まめぴよ「そんなの知らないよ。どうしたらいいの。」

孫悟空「ほら、これ食いな。」
悟空は、金色の桃を出し差し出しました。
まめぴよは、うなずき、大粒の涙を流しながら桃にかぶりつきました。
とてもみずみずしく、あまく、それはもう香りのよい桃でした。
「…おいしい。」

孫悟空「おまえ、名前は?」
まめぴよ「…まめぴよ。」

孫悟空「よし、まめぴよ。とりあえず、この辺は危険だから、早くこれ使いな。」
悟空は、まめぴよに切り絵を渡してくれました。
孫悟空「次のページで、猪八戒と沙悟浄を探せ。」
まめぴよは、うなずき、切り絵を本に貼りつけました。

(お花の切り絵はTwitter Instagramにて、今夜UP予定)

タイトルとURLをコピーしました