【7日目】100日旅するまめぴよ「The Blue Bird-7」光

100日曼荼羅アート 7-フクシア

【7日目】100日旅するまめぴよ「The Blue Bird-7」光

☆現在まめぴよが迷い込んでいる本☆

【青い鳥】メーテルリンク原作
チルチルとミチルの兄妹は、おばあさんに「幸せの青い鳥」を探してほしいと頼まれます。そして、さまざまな国へ旅立ち、各地で青い鳥を見つけるものの、国を出たとたんに鳥は姿を変えてしまい、どうしても連れて帰ることができない。。。

ガラスの宮殿

今朝は、壁も天井もガラスばりの建物の中で目を覚ましました。
天井には、たくさんのフラワーシャンデリア。
キラキラと、日の光もとたくさん降りそそぎます。
すがすがしい場所でした。

「お目覚めになりました?」
うしろから声がしました。

光の精

うしろをふりかえると、
そこには、かわいらしい女の子が立っていました。
光「わたくしは、光の精。あなた、まめぴよですね。」
まめぴよ「はい。はじめまして。”時”はあなたにも伝言を?」
光「いいえ。わたくしは、光の精ですので。だいたいのことは光を通して見えますから。」
まめぴよ「光を通すと、わかるの…?」

光は、静かにうなずきました。

光「ここは、ガラスの宮殿。さえぎるものなく光の届く場所。あなたの知りたいことに、お答えしましょう。」

まめぴよ「質問に答えてくれるってこと?」
光「そうです。」

光は、砂時計を出し逆さにしました。
光「あなたに与えられるのは、この金の砂が落ちきるまでのお時間です。」

光は目を閉じました。

金の砂がサラサラと輝き落ちだします。
時を忘れてしまうくらい美しい砂時計です。。。

”見つけること”と”伝えられること”

まめぴよは、美しい砂時計に気をとられかけましたが
はやく、質問をしなければ時間が無くなってしまいます。
「あ、いけない」
まめぴよは、まず、自分がこの本の中に迷い込んでしまったのはなぜか、尋ねました。

光「本の中に来た理由?それはあなた自身が”見つけること”。」
まめぴよ「それって、答え?」
光「それが答え。」
光は、目を閉じてしまいました。

まめぴよは、昨日の思い出の国で、自分には”思い”の道が出なかったことについて聞きました。

光は、指をまめぴよにむけました。
その指先から金色の光がさし、まめぴよの胸に向かって届きました。

光「あら…あなた、たくさんの箱に鍵をかてきたのね。それが原因よ。」
まめぴよ「それって、どういうこと?」
光「”伝えられること”はそれだけ。」
光は、ふたたび目を閉じてしまいました。

砂時計の砂は、もうすぐ落ちきってしまいそうです。
時間…ふと、1ページめで出会ったチルチルの顔を思い出しました。
そういえば、本の中にいるのに、チルチルに「いま何時?」って時間を聞いたっけ。
変なこと聞いちゃったんだな。

まめぴよは最後の質問をしました。
まめぴよ「ねぇ、チルチルは、青い鳥を見つけられる?」
光は、とても驚いた顔をしてまめぴよを見つめました。
光「あなた、自分のための質問はもうなさらないの?」
まめぴよ「うん…気になったから…」
光「そう。その質問の答えは、私にも分からない。何度青い鳥を見つけようとも、本物の青い鳥ではなかったのよ。だから今でもたわしたちは、青い鳥を探し続けてるわ。でも、いつか見つかると信じているわ。」
まめぴよ「そうなんだね。見つかると、いいね。」

しずかに砂時計の砂は、落ちきりました。

光のいのり

光「あなたに会えてよかったわ。もうすぐ暗闇の時間、私は消えてしまう。」
光は、花を形どった切り絵を差し出しました。
まめぴよ「うん。どうもありがとう。」

光「あ、よかったらこれを持って行って」
光は、キラキラと輝くブローチを取り出しました。
光「最後のページにいるのは、ベリリュンヌというちょっとイジワルい魔法使いだけど、私を気に入っているから、きっとこれが役に立つわ。」
パンのくれたカバンに付けてくれたかと思うと、音もなく光の精もガラスの宮殿も消えてしまいました。

「光の精さん、ありがとう」
まめぴよは言いました。

(お花の切り絵はTwitter Instagramにて、今夜UP予定)

タイトルとURLをコピーしました