【93日目】100日旅するまめぴよ 「古事記-13」国譲り1

100日曼荼羅アート 93日目-きじ

☆現在、まめぴよが迷い込んでいる物語
【古事記】
現存する日本最古の歴史書とされている書物。上・中・下の全3巻からなる。
和銅5年に太安万侶が編纂して、元明天皇へ献上された。
青空文庫・現代語訳 古事記
・・・そんな最古の書物に迷い込んだまめぴよは、どんな出会いをしていくのか……?
まめぴよはアレンジ&簡潔にしてしまった古事記を旅して進んでいきますので、ぜひ、現代語訳古事記の本自体を、お手に取ってみてくださいね!なるほども、残酷も、さまざまでたいへん興味深い内容でいっぱいです、ぜひ!


現代語古事記

【93日目】100日旅するまめぴよ 「古事記-13」国譲り1

送られた刺客

目を覚ますと、そこは雲の上。
久しぶりに天界へやってきたようです。

近くで、地上の世界を覗きこんでいる神をみつけたので、声をかけてみました。
まめぴよ「こんにちは。」
天界の神「おや?あなたはいつぞやかの、ことりどの。」
まめぴよ「こんにちは、まめぴよです。」

オシホミミ「そうでしたそうでした、まめぴよどの。わたくし、誓約うけいにより生まれし天照大神の子、天忍穂耳命あめのおしほみみのみこと。」
まめぴよ「スサノヲさんが、アマテラスさんの勾玉を噛んで吹き出した、あのときの!」
オシホミミ「そうです、そうです。ほっほっほ。」

まめぴよ「何を見ていたんですか?」
オシホミミ「実は、大国主が国造りを達成し、葦原中国あしはらのなかつくには、大層栄え、賑わっておりましてな。」
まめぴよ「よかった!!大国主さん、国造りがんばっていましたから!」

オシホミミ「それが、問題なのです。」
まめぴよ「もんだい?」

オシホミミは、ことのいきさつを話してくれました。

 これを見ていた天照大神あまてらすおおみかみを始めとした高天原の神々は、「地上世界(葦原中国)を知らす(統治に近い意味)べきは、わが一族ではあるまいか。」と言い始め、天の神を地上世界へおろすことを決めました。
 そこで、最初に地上世界へ降りるよう言われたのが、天忍穂耳命あめのおしほみみのみことでした。しかし、オシホミミは、地上へ続く階段から見てみると、地上の騒がしさに嫌気がさし、くだるまえに天照大神のもとへ戻りました。

 次に降るよう言われたのが、同じく誓約で生まれた天穂日命あめのほひのみことでした。しかし、地上へ降りるとそのまま大国主の従者となり、3年経っても天界へ戻りませんでした。

 そして、3番目に地上へ降るよう言われたのが、天若日子あめのわかひこでした。しかし、天若日子は大国主の娘と結婚をして、「私が葦原中国の王となる!」と思っていました。

 8年経っても、天若日子から連絡がないため、天界から、ナキメという使者が送られました。ナキメとは、鳥のキジの姿をした神です。天若日子に、天界からの役目を思い起こさせようと、ナキメは鳴きましたが、天の探女あめのさぐめが「このキジは不吉だから殺したほうが良いでしょう。」と、天若日子をそそのかしました。(天の探女は、あまのじゃくの語源と言われています。)

 天若日子は、言われた通り、木にとまっていたキジを弓矢で打ち殺しました。その血の付いた矢が、天界のタカミムスビの神のところまで飛んでいきました。
 タカミムスビの神は、血の付いた矢を見て、「これは、天若日子に持たせた矢である。もし、天若日子に邪心があれば、この矢で射ぬかれ、死ぬであろう。」と、まじないをして地上世界へ矢を投げ返しました。
 そして、天若日子は矢に射抜かれ、死んでしまいました。

天界の失敗続き

オシホミミ「ということで、天界からの使いは、失敗続きというわけなのだ。これはもう、最後の手段に出られるとのことである。」
まめぴよ「なぜ大国主さんが、治めているいまのままではいけないのですか?」
オシホミミ「それは、葦原中国あしはらのなかつくにも、天界の神の知らすべき世界であるからだ。」
まめぴよ「けれど、大国主さんは、スサノヲさんに言われて国を造りはじめたはずなのに……。」
オシホミミ「そんなに、あの騒がしい地上の世界が気になるのであれば、おぬしも、出雲の国へ降りるとよい。」
と、オシホミミは、切り絵を差し出しました。

まめぴよは、大国主が心配で、はやく出雲の国に行こうと、
急いで切り絵を新しいページに貼りつけました。

(切り絵はTwitter Instagramにて、今夜UP予定)

タイトルとURLをコピーしました