【70日目】100日旅するまめぴよ 「銀河鉄道の夜-8」サウザンクロス

100日曼荼羅アート 67日目-南十字星


新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

☆現在、まめぴよが迷い込んでいる物語
銀河鉄道の夜 宮沢賢治】
いじめられっこのジョバンニ、その親友のカムパネルラが、銀河鉄道に乗って様々な人と会ったり、冒険をするお話。その列車のいきさきは……?

【70日目】100日旅するまめぴよ 「銀河鉄道の夜-8」サウザンクロス

サウザンクロス

まめぴよが目を覚ますと、このページでも、走る列車の中でした。
カムパネルラのいた車両と違う車両のようです。

 「次は、サウザンクロスー。サウザンクロスー。」

アナウンスが流れ、列車が停車しました。
窓の外には、ぼんやりと輝く天の川が見えました。
そして、天の川の終わるあたりには、
あらゆる色に光り輝く大きな大きな十字架が立っているのでした。

下車する人々

まめぴよと同じ車両に乗っていた人たちが、みな立ち上がり、
次々と列車をおり始めました。

窓の外をのぞいてみると、列車から降りた人たちは、
列をなして、大きな大きな十字架に向かって歩いていくようでした。

まめぴよ「カムパネルラも、ここで降りるんだろうか……。」

まめぴよが、窓の外を眺めていると、
後ろで、ゴロッと何かが落ちた音がしました。

振り返ると、あざやかな赤と金色でできたリンゴが、
足もとにに転がっているのでした。

まめぴよ「あの、落としましたよ。」
まめぴよはリンゴを拾い上げ、扉へ向かう3人の人間に声をかけました。

青年「あぁ、どうもありがとう。」
青年は、まめぴよからリンゴを受け取ると、小さな男の子に渡し言いました。
青年「ことりさんが拾ってくれたよ、お礼を言って。」
男の子「どうもありがとう。さっき、もらったばかりのリンゴなんだ。」
すると、一緒に居た女の子が言いました
女の子「ねぇ、あなたはここでは降りないの?」
まめぴよ「えぇと……。」

青年「きみは、この先へ進むのかい?」
まめぴよ「えぇ、はい。。。」
女の子「そうなんだ、でも、この先への切符を持っていても、途中下車は可能なの。あなたも降りたかったら、ここで降りてもいいのよ。一緒に行きましょうよ。」
まめぴよ「……え?」
男の子「いいなぁ!ぼく、まだ乗っていたい!もっと先まで行きたいよ!」
青年「さぁ、そんなこと言わず、降りますよ。私たちは、天空へ旅立たねばならぬのです。」
青年は、男の子の背中をやさしく押しうながすと
「それじゃあ。」と言って、列車を降りていきました。

再び走り出す列車

列車の扉がしずかに閉まり、列車は、再び走り出しました。
まめぴよは、遠くに見える人々の列と、輝く十字架を窓から眺めました。

まめぴよ「あの人たちは、あの十字架から天空へ向かうのか。天空ってどんなところなんだろう。ここで降りなくても良かったのかな……?すこし、降りたかった気もしたな。」

ふぅ、と、ため息をついて、前を向きなおすと、
目の前の席に切り絵が置かれていました。

まめぴよは、切り絵を静かに拾い上げ、新しいページに貼りつけました。

(切り絵はTwitter Instagramにて、今夜UP予定)

タイトルとURLをコピーしました