【69日目】100日旅するまめぴよ 「銀河鉄道の夜-7」カムパネルラ

100日曼荼羅アート 69日目-地図


新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

☆現在、まめぴよが迷い込んでいる物語
銀河鉄道の夜
いじめられっこのジョバンニ、その親友のカムパネルラが、銀河鉄道に乗って様々な人と会ったり、冒険をするお話。その列車のいきさきは……?

【69日目】100日旅するまめぴよ 「銀河鉄道の夜-7」カムパネルラ

カムパネルラ

目を覚ますと、まめぴよは列車の席に座っていて、
目の前には人間の少年が座っていました。

少年「あ、目が覚めた?」
まめぴよは、コクリとうなずきました。
少年「きみ、突然目の前に現れて、眠っていたってことは、本の外からの旅人だよね?」
まめぴよ「うん。はじめまして、まめぴよです。」
少年「はじめまして、まめぴよ。僕はカムパネルラ。」
まめぴよ「カムパネルラ……!」

カムパネルラ「旅人なら本を読んだことあるってことだから、僕のこと、知っているよね。」
まめぴよ「うん。」

スーツケース

カムパネルラ「ジョバンニは、いま食堂車に行ってるんだ。もうすぐ戻ってくると思うんだけど……。」
まめぴよ「ジョバンニとは、前のページで、会ってきたよ!」
カムパネルラ「そうか、会えたんだね!」
まめぴよ「うん、リスの男から助けてもらったんだ。」
カムパネルラ「あの男に狙われてたのか。よくカギを渡さずにこのページまでこれたね。よかった。」
カムパネルラは優しく笑いました。

カムパネルラ「上のあみだな、見てごらん。」
まめぴよは、席の上にのぼって、あみだなの上をのぞきこみました。
あみだなの上には、夜空のような深い紺色の皮で出来たレトロなスーツケースが置いてありました。
カムパネルラ「きみの箱だと思うよ。」

まめぴよは、スーツケースをあみだなから下ろすと、ひざの上に乗せました。
カギがかかっていたので、首から下げている黒いカギを使ってみることにしました。

カギを入れてひねると、パカッと、音を立ててスーツケースが開き
中からは、大きめの黒い本が出てきました。

まめぴよ「また、黒い絵本……?」
カムパネルラ「へぇ、箱から本が。その本、何の本だい?」
まめぴよ「うん……。ページが開かないから、中身が分からないんだけど。。。」
カムパネルラ「へぇ、開かない……?分かりにくいものが、入っていることもあるんだね。」
まめぴよ「他の旅人たちは、分かりやすいものが入っていたの?」
カムパネルラ「そうだね。。。たいてい、その場で自分を見つめなおせたり、自分の忘れた記憶だったり、分かりやすそうなものだったな。でも、それも、きみの心にに大切なものなんだろう?」
まめぴよ「うん。たぶん。。。」

黒曜石の地図

まめぴよ「それが、黒曜石の地図?すごい、きれいだね。」
カムパネルラ「あぁ、銀河ステーションでもらったものだよ。もうすぐ、僕の降りる駅だ。」
彼は、黒曜石の地図の上をゆびさしました。

そうです。運命の決まっているカムパネルラには、降りる駅が決まっているのです。
そのために、この列車に乗って移動しているのですから。
まめぴよは、『銀河鉄道の夜』のお話を思い出して、ぎゅぅぅっと胸がしめつけられる気持ちになりました。

まめぴよ「列車を降りないで、ジョバンニと、家へ帰ることはできないの?」
カムパネルラ「それはできないよ。決まっていることだから。悲しくはあるけれど、僕はね、”本当に良いこと”をしたわけだから、しあわせなんだよ。」

カムパネルラは、友人の命のために自分の命を犠牲にしました。
そして、さそり座の停車場のサソリは、自分の命をみんなのために使うことを願いました。
本当に良いこと。本当の幸せ。
まめぴよは、何が本当の良いことで、何が本当の幸せであるのか、と、考えましたが、
暗いところへ潜っていくような、つかもうとすると煙のように消えてしまうような、
考えれば考えるほど、答えがわからなくなるのでした。

お願い

まめぴよ「ねぇ、カムパネルラ、お願いがあるの。」
カムパネルラ「なんだい?」
まめぴよ「ジョバンニには、ちゃんと、さよならを言ってから列車を降りてね。黙っていなくなっちゃ、だめだよ。」
カムパネルラは、おどろいた顔したあと、窓の外へ目をやりました。

カムパネルラ「……そうだね、考えておくよ。」

その眼には、涙が溢れそうになっているように見えました。

カムパネルラ「そうだ、まめぴよ。このページの切り絵だよ。」
カムパネルラは、切り絵を差し出しました。
まめぴよは、コクリとうなずき、静かに切り絵を受け取りました。

カムパネルラ「なんだよ、きみが泣くことないじゃないの。」
カムパネルラは、また優しく笑ったのでした。

カムパネルラ「きみは、きみの”本当の幸せ”、きっと見つけるんだよ。」
まめぴよ「うん。わかった。」
カムパネルラは、まめぴよの頭の毛をくしゅくしゅっと、なでました。

カムパネルラ「さぁ、切り絵を貼って。」
まめぴよ「うん、ありがとう。さようなら。」

(切り絵はTwitter Instagramにて、今夜UP予定)

タイトルとURLをコピーしました